プレーのコツ

【無回転サーブ】バレーボールのフローターサーブの打ち方の3つのコツとは?

バレーボールのフローターサーブの打ち方のコツを3つ紹介していきます。

 

フローターサーブは打つ時にボールの芯を捉えることにより、無回転サーブを打つことができます。

無回転サーブは空気抵抗を受けブレ玉になるため、予測不能な変化をします。

予測不能な変化とは、

  • サーブが伸びる
  • ストンと落ちる
  • 左右にブレる

などが無回転サーブの特徴です。

これら不規則な変化をするため、相手はサーブレシーブがしにくく崩すことができます。

 

  • なぜサーブレシーブを崩すといいのか。
  • なぜサーブレシーブが大事なのか。
  • 変化するサーブに対応するにはどうしたらいいのか。

それはこちらの記事で解説しています。

まだご覧になっていない方は、ご覧ください。

バレーボールのレシーブが上達する4つのコツとは?【サーブレシーブ(レセプション)編】バレーボールのレシーブが上達するコツを紹介します。 レシーブには大きく2種類あります。 それは、スパイクレシーブ(ディグ)とサー...

バレーボールのサーブの重要性

バレーボールにおいてサーブはとても重要なプレーです。

力を注ぐべきところです。

 

それはなぜか。

バレーボールのプレーはサーブから始まります。

サーブは、

  • 1人でできる
  • ボールが止まった状態から始める
  • 自分のタイミングで打てる
  • ブロックなしで打てる

というプレーであり、バレーボールの中で唯一個人プレーです。

つまり1人で得点することができるのです。

 

極端に言えば、1人で25本サービスエースを取れば試合に勝つことができる。

それほど重要なプレーなのです。

実際には25本連続サービスエースなんて不可能ですが。笑

 

要するに僕がここで言いたかったことは、サーブは勝敗を左右するプレーということです。

 

実践でのサーブの例を挙げます。

サービスエースを取ることは難しいため、現代のバレーボールではサーブで相手のレセプションを崩す、もしくは相手の攻撃枚数を減らすことを最重要としています。

 

例えば、相手のレセプションがCパスになったとき

相手はクイックと真ん中のバックアタックは使えなくなる

トスはレフトかライトの2段トスのみ

ブロックが絞りやすくなる

 

というようにどんどん選択肢を減らしていくバレーの考え方をします。

 

今回はそのサーブの中でも、”フローターサーブ”に焦点を当て無回転サーブを打つコツ3つにまとめました。

 

それではいってみましょー!

フローターサーブのコツ

足を1歩前に踏み込み体重移動しながら打つ

足を1歩前に踏込み体重移動しながら、ボールにしっかり体重をのせることを意識しましょう。

体全体の力をボールにのせ、勢いがあり重いサーブを打つことを心掛けます。

 

腕だけの力で打つと、スピードがなく軽いサーブになってしまいます。

そんなサーブは相手レシーバー方するとチャンスボール同然です。

Aパス返されて切り返されてしまいます。

右利きの場合

左足を1歩前に出し、右足から左足に体重を移しながら体全体の力を使いサーブを打ちます。

トスは一定の高さで上げる

しっかりとボールの芯を安定して叩けるようにトスは一定の高さで上げましょう。

 

トスの高さがバラバラだとボールを捉えるポイントが毎回ずれてしまいます。

そうなると無回転サーブは打てなくなってしまうので、安定して無回転サーブを打つためにトスは一定の高さで上げましょう。

 

トスをあげるときのポイント

トスをする腕を伸ばし、自分の目線の高さから上げると上げやすい。

理由

  1. トスをあげる距離が短くなる
  2. 自分の視界の中に常にボールがある状態なので目で追いやすい

 

サーブは打つときばかりではなく、トスも重要です。

意識しましょう。

肘から指先まで一直線の状態で打つ

肘から指先まで一直線の状態にすることで、ボールにまっすぐ力が伝わり無回転のサーブが打てるようになります。

 

肘から指先まで一直線の状態を作りボールの中心一気に押し出すように打ちます。

一気に押し出すことでサーブが変化しやすくなります。

 

  1. 手首をまっすぐにすることができずサーブが回転してしまう
  2. ボールの下を叩いてしまい、下回転のサーブになる
  3. 手首を巻いてしまいドライブ回転する

 

これら失敗する原因は、

  • ボールの叩くポイント悪い
  • 手首がボールに負けてしまいまっすぐ叩けてない

ことが挙げられます。

 

しっかり肘から指先まで一直線の状態を作りボールの中心一気に押し出すように打ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は無回転フローターサーブの打ち方のコツについて3つ紹介しました。

 

おさらいしましょう。

  1. 足を1歩前に踏み込み体重移動しながら打つ
  2. トスは一定の高さで上げる
  3. 肘から指先まで一直線の状態で打つ

でした。

 

サーブはバレーボールにおいて、最大の攻撃です。

是非練習しましょう。

 

この打ち方をマスターしたら次はいろんなコースへ打てるよう練習しましょう。

そしてサービスエースをガンガン取ってやりましょう。

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です