プレーのコツ

【バレーボール基本編】ブロックの跳ぶタイミングと手の出し方のコツのまとめ!

今回は、バレーボールのブロックの基本編第2弾。

ブロックの跳ぶタイミングと手の出し方を紹介していきます。

 

前回の記事でブロックの基本の跳び方・跳び方のコツついて紹介しました。

まだご覧になっていない方は、先にこちらの記事をどうぞ。

【バレーボール基本編】ブロックの跳び方やコツをまとめてみた!バレーボールのブロックの基本の跳び方、跳び方コツを紹介していきます。 バレーボールでは、ブロックは前衛にいる3人が跳びます。 そ...

 

それではいってみましょー!

ブロックの跳ぶタイミング

ブロックの跳ぶタイミングは、相手スパイカーが打つタイミングに合わせて、『1、2、3』で跳びましょう。

このとき、2枚もしくは3枚で跳ぶときは声を出ししっかりタイミングを合わせて跳ぶようにしましょう。

タイミングを合わせることで、完成度の高いブロックを作ることができます。

逆にタイミングがずれると、相手スパイカーにその隙間を抜かれたり利用されたりしてしまいます。

しっかり、タイミングを合わせ壁のようなブロックを作りましょう。

 

 

チームによっては、『1、2、3』の掛け声が『せーの!』という場合もあります。

大事なことはタイミングを合わせて跳ぶことなので掛け声はなんでもOKです。

 

相手スパイカーが打つタイミングと『1、2、3』の『』もしくは、『せーの!』の『の!』が合うように跳びます。

 

トスの速さ相手スパイカーの打つタイミングをよく見ることがポイントです。

ブロックの手の出し方

ブロックの手の出し方のコツ

  1. ネットに対してまっすぐ手を出す
  2. ネットの上から相手コートに手を突き刺すように出す

ネットに対してまっすぐ手を出す

ブロックは、ボールの正面に移動してまっすぐ手を出すことが基本です。

どんなに移動したとしても、ネットに対してまっすぐ手を出すようにしましょう。

ボールの正面に移動せず、体が斜めにブロックしてしまう

⇨ブロックの高さがなくなる

⇨本来抜けるべきではないコースを抜かれてしまう

ネットの上から相手コートに手を突き刺すように出す

ネットを越えて手が相手コートにある状態でブロックすることを意識しましょう。

手を出すときのコツ

  • 自分の耳よりも前から手を出す

  ⇨自分の耳よりも前から手を出すことにより、しっかり手が前に出るようになります。

  • 親指と小指に力を入れて腕全体を固める

  ⇨手のひら全体に力が入り腕も固めることができ、良いブロックの形を作ることができる

手が耳よりも後ろになってバンザイブロックになっている

⇨ブロックシャットできない

⇨ワンタッチを綺麗にとれない

⇨手とネットの間に空間ができてしまい、吸い込んでしまう

⇨相手スパイカーに利用されやすくなる

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はブロックの基本編第2弾 ブロックの跳ぶタイミングと手の出し方について紹介しました。

 

おさらいしましょう。

ブロックの跳ぶタイミングは、相手スパイカーが打つタイミングと『1、2、3』の『』が合うように跳びましょう。

ポイントとして、トスの速さスパイカーの打つタイミングをよく見ることでした。

 

ブロックの手の出し方については、ポイントが2つありました。

  1. ネットに対してまっすぐ手を出す
  2. ネットの上から相手コートに手を突き刺すように出す

でしたね。

移動してもネットに対してまっすぐ手を出しましょう。

 

手の出し方のコツは、

  1. 自分の耳よりも前から手を出す
  2. 親指と小指に力を入れて腕全体を固める

の2つがありました。

 

ブロックは守備の軸です。

ブロックの跳ぶ位置手の出し方によりスパイクが抜けるコースが変わってくるため、レシーバーとの位置関係にも影響が出てききます。

 

ブロッカーはスパイクを抜かれた際には、レシーバーに「位置どうだった?」と聞くようにしましょう。

そしてブロッカーとレシーバーの連携を高めていきましょう。

次回【ブロック応用編】ブロック成功率を高めるコツを紹介します。

【ブロック応用編】バレーボールのブロックの成功率を高めるコツ3選!バレーボールのブロックのコツ第3弾、今回は応用編です。 ブロックの成功率を高めるコツ3選を紹介していきます。 ブロックのコツ基本...

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です