プレーのコツ

【ブロック応用編】バレーボールのブロックの成功率を高めるコツ3選!

バレーボールのブロックのコツ第3弾、今回は応用編です。

 

ブロックの成功率を高めるコツ3選を紹介していきます。

ブロックのコツ基本編第1弾第2弾をご覧になっていない方は、こちらからどうぞ。

基本編では、ブロックの基本的な跳び方、手の出し方、跳ぶタイミングなどを紹介しています。

応用編では、基本編を踏まえた上でコツを紹介していきます。

【バレーボール基本編】ブロックの跳び方やコツをまとめてみた!バレーボールのブロックの基本の跳び方、跳び方コツを紹介していきます。 バレーボールでは、ブロックは前衛にいる3人が跳びます。 そ...

 

 

この記事では、センタープレイヤー(ミドルブロッカー)を主な対象として、ブロックのコツ紹介をしていきます。

ですが、サイドプレイヤーにも共通する部分はあるので、最後までご覧ください。

 

それではいってみましょー!

バレーボールのブロック成功率を高めるコツ

目の動かし方

ブロック成功率を高めるためには目の動かし方が重要です。

 

確認するポイントは大きく3つあります。

これらを順に確認していきます。

  1. 相手がレシーブしたボールとスパイカーの位置を確認する
  2. セッターが上げたトスを確認する
  3. スパイカーの打ち方(体勢)を確認する

相手がレシーブしたボールとスパイカーの位置を確認する

相手レシーバーがレシーブしたボールがセッターに返るとき、相手コート全体を見ながらレシーブしたボールスパイカーの位置を確認します。

 

相手スパイカーはどんな攻撃に入ってくるのか。

サイド攻撃なのか、時間差攻撃なのか。

 

レシーブしたボールスパイカーの位置を確認し選択肢を頭に思い浮かべます。

  • 顔を動かさない。
    目で追いすぎず、周辺視野で視野を広くもちましょう

⇨顔を動かすと視野がずれるため、反応が遅れます。

目で追うのも同様です。

周辺視野を広く持ち、ボールとスパイカーが同じ視界に見えるようにしましょう。

  • ボールばかり見て、スパイカーの動きが分からなくなる。 
  • スパイカーの動きばかりを見て、気付いたらセッターがトスアップしており反応が遅れた。

セッターが上げたトス

続いてセッターの動きを見ます。

  • セッターがボールの下に入る体の動き

  ⇨セッターがトスを上げる体の向きでどこにトスを上げるのか予想します。

  • セッターの目の動き

  ⇨レシーブが上げってからセットアップするまでの間に、セッターがトスを上げるスパイカーを見るかもしれません。
その動きを見落とさないようにしましょう。

  • 上がったトス

  ⇨トスが上げった瞬間反応できるよう、すぐ動ける構えでいましょう。

スパイカーの打ち方(体勢)

スパイカーはトスブロックを見てどういうスパイクを打とうか判断します。

ブロッカーはその打ち方を見てスパイカーがどんなボールを打ってくるのか何を狙ってくるのか。を見極める必要があります。

 

(例)センタープレイヤーのパターン

レフトにトスが上がったがトスが短かった。

レフトスパイカーはその短いトスへなんとか対応できそう。

Q.このときどのようなボールがくることが考えられるか?

考えられる選択肢は2つあります。

  1. フェイントまたはプッシュで返してくる
  2. クロスにスパイクを打ってくる

 

フェイントはバックレシーバーに取ってもらいましょう。

ブロッカーはスパイクを塞ぎに行かなくてはなりません。

なので、このときのブロックはクロス方向へブロックを跳びます。

 

相手のスパイクコースが絞れたら、そこへ思い切りブロックを跳びましょう。

 

 

サイドプレイヤーのパターン

相手のセッターがサイドにトスを上げる。

そのトスがしっかりアンテナまで伸びてはいるが、ネットに近い。

Q.このときどのようなボールがくることが考えられるか?

考えられる選択肢は3つあります。

  1. ストレートにスパイクを打ってくる
  2. フェイントまたはプッシュをしてくる
  3. ブロックアウトを狙ってくる

⇨この状況の場合、相手スパイカーと駆け引きをしなければいけません。

 

まずは相手スパイカーの体勢を見て何をしてくるのか確率を絞っていきます。

近いトスに対応できていない場合、なんとか返そうとしてくるので②フェイントかプッシュでしょう。

対応できていた場合、①スパイクを打ってくるか③ブロックアウトを狙ってくるでしょう。

 

相手スパイカーの体の動き目線を見て判断しましょう。

肩甲骨を動かす

ブロックをするとき、ただ腕を上げるのではなく、腕を上げたところから肩甲骨を意識しさらに「グッ」と手を伸ばします。

これにより5cmは変わってきます。

この5cmがバレーボールにはとても大きく影響してきます。

この5cmが変わってくることでワンタッチがとれたり、ブロックシャットできたりします。

最短距離でネットから手を出す

良いブロックはブロックの完成が早く完成している時間が長いです。

そのために、最短距離で手を出しましょう。

  • ネットに添うように手を出す。
  • 耳の前から手を出す。

⇨ネットと手の隙間を空けないという意識をもち、ネットに添うように手を出します。

耳の前から手を「スッ」と出します。

そうすることで、早く手が前へ出るのでブロックの完成が早くできます。

手を煽ったブロック

⇨一度バンザイブロックをしてから手が前に出るブロックです。

前に手が出るのにワンクッションあるため、ブロックの完成が遅れてしまいます。

吸い込みしたり利用されたりしやすくなるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ブロックの成功率を高めるコツ3選を紹介しました。

 

おさらいしましょう。

  1. 目の動かし方
  2. 肩甲骨を動かす
  3. 最短距離でネットから手を出す

の3つでした。

 

目の動かし方』ではポイントが3つありました。

  • 相手がレシーブしたボールとスパイカーの位置を確認する
  • トスを見る
  • 相手スパイカーの打ち方・体勢を見る

がありました。

 

肩甲骨を動かす』ために、肩甲骨を柔らかくするストレッチをすると良いでしょう。

 

最短距離でネットから手を出す』では、ブロックを早く完成させること、完成時間を長くすることが重要でした。

 

 

ブロックのコツを3回に渡って紹介してきました。

これらのコツをマスターすればあなたはブロック賞間違いなしです。

ぜひマスターしてください。

 

 

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です