著名人

玉川徹はテレ朝職員だった!平社員だが年収は推定2000万円!?

 

羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜午前8時)でコメンテーターを務める玉川徹氏。

ネット炎上も恐れない鋭いコメントでたびたびネット上を騒がせており、評論家や解説者の方と思っていましたが、意外にもテレビ朝日の社員でした。

その玉川氏の役職は平社員であるが、年収が推定2000万円あると話題になっています。

そこで今回は、玉川徹氏のテレビ朝日社員としての経歴と、年収2000万円の真相についてまとめてみました。

 

テレ朝「平社員」の玉川徹と『モーニングショー』

テレ朝社員の玉川徹の『モーニングショー』の経歴

玉川徹氏は、1989年京都大学大学院修了後、テレビ朝日に入社。

特撮番組などテレビで見ることが好きであったことから放送業界を選んだそう。

入社以来、1964年から始まった『モーニングショー』に携わり続けています。

『モーニングショー』は元々は、その時の司会の名前を冠して放送される番組であり、

玉川氏がAD(アシスタントディレクター)として配属されたときは『内田忠男モーニングショー』でした。

しかしそれから、『スーパーモーニング』『モーニングバード』と番組名を変え、

2015年9月、22年ぶりに司会の名前を冠した『羽鳥慎一モーニングショー』に変更されます。

 

玉川氏の経歴としては、

『内田忠男モーニングショー』でADを経験したのち、報道局の主任として『スーパーモーニング』『モーニングバード』でディレクターを務めました。

『スーパーモーニング』で「ちょっと待った!玉川総研」という冠コーナーのリポーターを任されたことを機に、

『羽鳥慎一モーニングショー』にてレギュラーコメンテーターとして抜擢されます。

民放テレビ局のワイドショーにおいて、制作局の現役正局員がレギュラー扱いでコメンテーターへ起用されることは異例です。

 

2019年8月4日の日刊スポーツの取材にて
(以下引用すべて2019年8月4日の日刊スポーツの取材)

「肩書はないんです。本当にないんですよ。ウィキペディアに『コメンテーター室』ってあるんですけど、あれ間違いです。」

「“テレビ朝日社員”でしかないですよ。名刺も『テレビ朝日 玉川徹』。社内の職制的に言えば、『モーニングショー スタッフ 玉川徹』なんです。」

と、テレビ朝日社員であることを述べていました。

 

『モーニングショー』コメンテーター玉川徹

玉川氏は2019年8月4日の日刊スポーツの取材にて

『スーパーモーニング』時代にリポーターとして自分のコーナーを持った経験から、コメンテーターについても「できないな、という感じはなかった」

と振り返っています。

初めてコメンテーターする人は「テレビ」をよく知らないため、変に踏み込み、地雷に触れてしまう可能性があるが、

「制作側」であるからこそ、地雷をすべてわかってることが評価され、コメンテーターとして抜擢されたのではないかと自身で分析しています。

 

玉川氏は「制作側」だからこその考えがあります。

玉川氏の発言がしばしばネット記事になり、悪く書かれることもありますが、

「それはそう思われてOKだと思ったんです。ギリギリをやるには、おためごかしばかりじゃ面白くない。ほかの情報番組も、一視聴者として見ると『いい子ちゃんになろうとしてるんじゃないの、このコメンテーターは』っていう感じがよくあったんですね」

と感じるそう。

 

自分の意見が多数派ではなくとも、正しいと思えば主張しますし、

視聴者目線・庶民の目線で“おかしい”と思ったことをストレートに伝えます。

その理由として、

「僕がある種“炎上”みたいなことをしても、僕はそういうことをしゃべるって思えば、ほかのコメンテーターは自由にしゃべれるんです。『社員なのに自由にしゃべってるよ、だったら僕らも自由にしゃべれる』って。面白いじゃないですか、そういう番組」

という意図がありました。

番組を盛り上げるため、という考えがあっての炎上を恐れない鋭いコメントをバシバシしてたんですね。

テレ朝「平社員」の玉川徹の年収は2000万円!?

テレビ朝日職員は超高給取りで知られています。

役職はなく平社員ですが、年収2000万円ではないかと噂されています。

 

そこで、テレビ朝日の平均年収を調べたところ「1376万円」と出てきました。(career-books調べ)

そこから玉川氏は

  • 『モーニングショー』で結果を出していること
  • ADから出世しディレクター経験していること
  • 勤続30年以上あること
  • 現在の『モーニングショー』でコメンテーターという欠かせないポジションにいること

これらを考慮すると、年収2000万円あるのではないかと言われています。

ちなみに、お住まいはベイエリアに建つタワーマンション在住とのことです。

まとめ

『羽鳥慎一モーニングショー』のコメンテーターでおなじみ、玉川徹氏が実はテレビ朝日の職員で、役職は平社員であるということ。

年収は推定2000万円あるのではないかということについて紹介してきました。

おさらいすると、

玉川氏は、入社当初から『モーニングショー』に携わり、番組を作ってきたということ。

辛口のコメントには意図があったことなど、明らかにしてきました。

 

たまに大炎上していますが、ある意味玉川氏の辛口コメントは『モーニングショー』の名物となっていると思うので、炎上も含め番組を盛り上げているという見方もあると思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です