気になる人

森喜朗の妻の智恵子(チエコ)の顔画像プロフィールや馴れ初めが知りたい!

今世間ではコロナウイルス一色である。

2020年東京オリンピック・パラリンピックがコロナウイルスの影響を一番受けたと言っても過言ではない。

1年の延期を余儀なくされたからだ。

 

森喜朗は、その東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長を務めている。

新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期となったが、国がさまざまな対策を打ち立てるも終息が未だ見えずといったところ。

森喜朗五輪会長に、延期は1年でいいのか?さらなる延期は考えなくていいのかと不安の声が上がっている。

 

現在は大会組織委員会の会長ですが、20年前は日本の第85代・第86代の内閣総理大臣を務めていた森喜朗氏。

そんな森喜朗五輪会長の妻について、気になったのでまとめてみました。

森喜朗の妻の智恵子(チエコ)の顔画像まとめ!

九州・沖縄サミット関連行事のリハーサルに出席した森喜朗首相の智恵子夫人(中央)(沖縄県糸満市の平和祈念公園)(2000年07月12日) 

首相主催晩さん会で中国の朱鎔基首相夫妻を出迎える森喜朗首相(左)と智恵子夫人(右)(首相官邸)(2000年10月13日)

 

公演を楽しむお二人

凛々しい佇まいをされていて、お綺麗な方ですね。

日本の総理大臣の妻として、公の場に出ることも少なくなかったでしょう。

公務もしっかりこなされ、首相の妻というオーラを感じます。

 

森喜朗の妻の智恵子(チエコ)のプロフィール・馴れ初めは?

森喜朗の妻の智恵子さんのプロフィール

年齢:学年で智恵子夫人が1つ上。

なので、森喜朗さんが現在82歳(2020年4月)なので、智恵子さんは83歳だと思われます。

出身地:神奈川県横浜市
学歴:早稲田大学 教育学部

森喜朗の妻の智恵子さんの馴れ初め

お二人は同じ、早稲田大学生出身です。

大学時代、胃潰瘍でラグビー部を退部した森喜朗は、東南アジアからの留学生との交流を深めるサークル「国際学友会」に所属し、ここで後に妻となる智恵子夫人と出会いました。

当時の彼女は水泳をしており真っ黒に日焼けしていたため、森喜朗さんは東南アジアからの留学生と間違えて「お国はどちらですか?」と声をかけてしまったみたいです。笑

ここからお二人の関係が始まったそうです。

まとめ

元首相森喜朗さんは現在、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長を務めています。

その森喜朗さんの妻の智恵子さんについて、紹介をしました。

 

子供のためにも死ねるけど、夫のためにも死ねる」と発言したほど、肝の据わった芯の強い女性で、首相の妻に相応しい方だと感じます。

智恵子夫人から森喜朗さんへの愛が伝わってきますが、森喜朗も愛妻家として有名です。

森喜朗が出張に出かけた際に1日1回は用事がなくても嫁に電話を掛けるそうです。

2人3脚でこれまで頑張ってきたんですね。

 

森喜朗さんは現在大会組織委員会会長というトップの立場にいるので、智恵子さんが影の立役者となり、今後も2人で頑張っていってほしいですね!

2021年東京オリンピックが無事開催されることを祈りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です