堀江貴文

ホリエモンの都知事選の公約「ピルで女性の働き方改革」の本当の意味とは

2020年の東京都知事選に出馬すると言われている、ホリエモンこと「堀江貴文さん」。

堀江さんの著書「東京改造計画」に東京都知事選に出馬するにあたり、公約の全37項が記されています。

今回は、その37項の中の【第2章 教育・社会保障】にあります「低用量ピルで女性の働き方改革」に焦点を当てていこうと思います。

ホリエモン父母はどんな人?兄弟はいる?子供時代の生活が衝撃だった!ホリエモンこと、「堀江貴文さん」の家族についてまとめていこうと思います。 ホリエモンのプロフィール 生年月日  1972年10月...
ホリエモンがロケット事業に投資する目的は?世界一の宇宙産業国を目指してホリエモンこと、「堀江貴文さん」が60億円以上投じたことで注目を集めている、ロケット開発事業を目的とした企業『インターステラテクノロジズ...
【動画】ホリエモンロケット4度の打ち上げまとめ!3度の失敗した原因とは?【2020年最新】ホリエモンこと、「堀江貴文さん」が2020年6月に『ホリエモンロケット』の5度目の打ち上げが決定されました。 そこで、これまでの4度の...

ホリエモンの東京都知事選の公約 全37項とは

堀江さんが掲げる東京都知事選の公約37項は5つの分類に分けられ、

著書『東京改造計画』では、第1章〜第5章に分けられ、論じられています。

全37項は以下です。

【第1章 経済】
①本当の渋滞ゼロ
②ETCゲートをなくす
③パーソナル・モビリティ・推進都市に
④満員電車は高くする
⑤切符も改札機もなくす
⑥現金使用禁止令
⑦東洋メトロと都営地下鉄を合併・民営化する
⑧Uber解禁
⑨東京の空が空いている
⑩江戸城再建
⑪VRのインフラを整える
⑫足立区は「日本のブルックリン」に生まれ変わる
⑬築地・豊洲市場改革案
⑭築地市場跡地のブランド化
⑮オリンピックはリモート競技に

【第2章 教育・社会保障】
⑯オンライン授業推進
⑰紙の教科書廃止
⑱学校解体で子どもの才能を解放する
⑲「正解」を教えない教育
⑳大麻解禁
㉑低用量ピルで女性の働き方改革
㉒健康寿命世界一
㉓「ジジ活」「ババ活」で出会い応援
㉔東京のダイバーシティ

【第3章 新型コロナウイルス対策】
㉕ストップ・インフォデミック
㉖経済活動を再開せよ

【第4章 都政】
㉗今こそネット選挙を導入せよ
㉘QRコードで投票できる
㉙記者会見なんてオンラインで開けばいい
㉚都職員の9割テレワーク
㉛都職員の英語公用語化
㉜東京都をオール民営化

【第5章 未来の生き方】
㉝「妖精さん」のリストラ計画
㉞遊び場を増やす
㉟限りなく生活コストを下げる
㊱人生100年時代のコミュニティ
㊲都民限定の無料オンラインサロン

今回は、第21項目にあたる【第2章 教育・社会保障】にある「低用量ピルで女性の働き方改革」についてまとめていきたいと思います。

 

ホリエモンの都知事選の公約「ピルで女性の働き方改革」の本当の意味とは?

まず、堀江さんが「低用量ピルで女性の働き方改革」を掲げる意図を知らず、

公約だけを目にした方はどう思ったのでしょうか?

などなど、Twitterではこのような強い意見が多数ありました。

なぜ炎上したのか?

堀江さんは、なぜ世間の女性から反発をかってしまったのでしょうか。

女性は「薬飲んで、体調に左右されず、無慈悲に働け」という意味で捉えてしまっていたのだと考えられます。

確かに、堀江さんは、バリバリのビジネスマンで、”生産性を優先する”という先入観があるせいか、このような捉え方になってしまったのでしょうか。

産婦人科医の「宋美玄さん」が堀江さんが炎上した2つの理由について回答していました。

ホリエモンの「低用量ピルで女性の働き方改革」が炎上して理由

理由①:自分の意志と関係なく、労働生産性のためにお上にピルを内服させられる

理由②:低用量ピルという「薬」に対する抵抗感

ホリエモン“公約本”の「ピルで女性の働き方改革」 大ブーイングを浴びた2つの理由

専門家の視点から、堀江さんが掲げる「低用量ピルで女性の働き方改革」について意見が述べられていました。

  1. 炎上した2つの理由
  2. ホリエモンの公約は「ピルの公費助成」
  3. 「低用量ピルで女性の働き方改革」に賛成

 

「低用量ピルで女性の働き方改革」は女性を助けるための公約

堀江さんが「低用量ピルで女性の働き方改革」を掲げた意図は、批判を受けていた内容とはまったく違いました。

堀江さんが「低用量ピルで女性の働き方改革」を掲げた意図は、

ピルの公費助成」を提言しており、女性を助けるための公約です。

宋美玄さんが述べられていました。

それによると、堀江さんは縁のある産婦人科医師から、低用量ピルにより確実な避妊だけでなく、生理痛や生理前の不調(PMS)を軽減したり、子宮内膜症の治療や卵巣がんの予防ができることを知り、「みんなタブー視して言わないが、月々の生理が女性による社会改革を遅らせている」「フェミニストにもアンチフェミニストにもバッシングされるかもしれないが」と前置きした上で「ピルの公費助成」を提言されています。
(出典:Yahooニュース)

本当の意味を理解した方の声

https://sakakibara-makotoblog.com/horiemon-father-mother/

ホリエモンがロケット事業に投資する目的は?世界一の宇宙産業国を目指してホリエモンこと、「堀江貴文さん」が60億円以上投じたことで注目を集めている、ロケット開発事業を目的とした企業『インターステラテクノロジズ...
【動画】ホリエモンロケット4度の打ち上げまとめ!3度の失敗した原因とは?【2020年最新】ホリエモンこと、「堀江貴文さん」が2020年6月に『ホリエモンロケット』の5度目の打ち上げが決定されました。 そこで、これまでの4度の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です